効果がかならずある英語の音読のやり方

この記事では、かならず効果が出る、英文の音読のやり方を說明します。

この記事で紹介するのは、
私が学生時代に英語の成績を上げ、
その後社会人になったあとでも、すこしずつやっていた方法です。

もしあなたが今、
英会話スクールに通っているなら、
気軽に予習・復習に使える方法なので、読んでみてください。

コンテンツ

この英語音読のやり方なら、かならず効果がある

やることは、

「音読して訳す」

ただ、それだけです。

まず初めに、
どのように音読していくのか、具体例を上げます。

例:BBC Learning English のページを音読してみる

使うのは、次の BBC Learning English のページ。

https://www.bbc.co.uk/learningenglish/english/course/emw/unit-1/session-1

次のパラグラフを音読します。

(引用:BBC Learning English)

Welcome to English My Way Learning Circles
The Learning Circles are a chance for you to help your family and friends learn English. You are the group leader. Follow the links in each session to download the different materials. They will take your group through the everyday English they need to survive in the UK.


ステップ1:音読して、和訳する。

これを音読するときは、
次のように1センテンスごとに、「音読 和訳」していきます。

Welcome to English My Way Learning Circles

イングリッシュ・マイ・ウェイ・ラーニング・サークルへようこそ。

The Learning Circles are a chance for you to help your family and friends learn English.

このラーニング・サークルは、あなたにとってチャンスです。あなたの家族や友人が英語を学ぶための。

You are the group leader.

あなたはグループリーダーです。

Follow the links in each session to download the different materials.

それぞれのセッションにあるリンクに従いましょう。ちがう教材をダウンロードするには。

They will take your group through the everyday English they need to survive in the UK.

それらはあなたのグループの日常の英語の手助けをするでしょう。その英語はイギリスで生き残るために必要なものです。


こんな感じですすめ、最後までやったら、ステップ2に進みます。

ステップ2:分からなかったところを調べる

音読して、分からなかった単語、表現チャンク、フレーズなどをノートに書き出し、意味を調べておきます。

そのノートは、あとで何度も読み返すと、脳に定着していきます。

ステップ3:もう一度音読する

調べて意味がわかったら、またステップ1と同じように音読します。音読が終わったら、

もう一度繰り返す

もしくは

次のパラグラフに進みます。

この音読で、テキストを1冊終わらせてみる

例では、BBC Learning English のサイトを使いましたが、通常はテキストを使います。

テキストの場合は、
上のステップ1~3を、
1ページ毎にやります。

テキストは英会話スクールのテキストや、学校の教科書がよいでしょう。

一冊、終わらせましょう。

一通り音読してみることで、
正しい英語の感覚が身につき始めていることが、実感できると思います。

この英文の音読のやり方で注意するポイント3点

次に、英文を音読するときに注意するポイントについて説明します。

英文音読のポイント1:発音はできる範囲で正しく

発音は多少悪くても
リズムが悪くても、
気にしないで大丈夫です。

極端な話、カタカナ英語でも効果があります。

ただし
パーフェクトなカタカナ英語(?)では、
英文が正しくても相手に伝わリません。

発音にまったく気をつけないのも問題です。

なので出来る範囲で正しく発音することを意識すれば、OKです。

英文音読のポイント2:かならず和訳も口に出していく

1センテンス音読したあとの
和訳も声に出して和訳します。

その時は、正しい日本語の文にする必要はありません。

上のサンプルでも、正しい文になってないですね。

意味の区切りごとに訳していくようにします。

和訳の目的は、頭の中を言語化して

「分かっていないところ」を明らかにする

ことなので、文の意味さえ合っていればいいのです。

それにそのうち直接、
英語で理解するようになるので、正しい日本語化は必要ありません。

英文音読のポイント3:分からない表現や発音は調べる

英文を読んでるとき、
和訳をしているときに、
わからない部分が見つかります。

わからない単語や表現、発音はそのままにせず、調べましょう。

その場ですぐに調べてもいいし、
メモっといて、2回めを読む前に調べるのでもいいです。

検索サイトを使って、わからない表現をしらべよう

調べるには、検索サイトを使いましょう。

すぐに意味と発音が出てきます。

検索窓に、

  • わからない単語(表現、チャンク)
  • 「意味」を追加して、

文字列「〇〇〇〇 意味」で検索すると、意味が出てきます。

  • Google で「〇〇〇〇 意味」で検索
  • Bing で「〇〇〇〇 意味」で検索

例えば、「gradient 意味」と検索します。

すると左側に英語、右側に日本語訳が出てきます。

発音は、左側の欄にスピーカーのアイコン ) がありますから、
それをクリックすると発音が聞けます。

英語の YouTube 動画で音読するときの注意点

私は最近、
YouTube 動画で英語字幕を出して、音読しています。

動画で音読をやってて、

「これは気をつけないとダメだな」

と思うことがあったので、共有します。

動画で英字字幕を出して音読をしていると、
つい動画のスピードに合わせて、いい加減な読み方になってしまいます。

発音を追いかけてしまうのですが、これは
本来の音読の効果を感じません。

音読は
メインはあくまで読むこと。
音を聴くことはサブです。

読むことをメインとしないと
せっかく音読していても、
使えるチャンクやボキャブラリーが増えず、英語が上達しません

ダメな音読のやり方

例えば以下のようなやり方は、
だめなパターンです。

「聞こえた音を追うように、
トランスクリプトをがんばって読んでいく」

このようなシャドーイングのようなやり方では
効果が半減してしまいます。

音読の期待する効果は

  • 文法や表現の実用的な理解
  • 英語の感覚を無意識下に落とし込む
  • 表現・ボキャブラリー(チャンク)の収集

です。

しかし
音を追うように音読すると余裕がなくなり、効果は半減します。

良い音読のやり方

動画に音読を合わせるのではなく、
あなたの音読のスピードに動画のほうを合わせるようにします。

① 動画のスピードが速いなら x0.75にして、
トランスクリプトを音読
 ↓
② 音が先に行き過ぎてしまったら一時停止
表示されているトランスクリプトを終わりまで音読する
 ↓
③ また再生して音読を続ける
 ↓
これを繰り返す

このように、
音読スピードに動画の方を合わせるようにすると、
心に余裕が出てきて音読の効果が上がります。

再生速度の調整より、一時停止がおすすめです。

再生速度は多分、 x0.75 が限界です。それ以上遅くすると

  • 不自然な感じになったり、
  • 逆に自分の音読速度に合わせるのが難しくなったりするので、

一時停止をしながらやることをおすすめします。

まとめ:英語の音読の正しいやり方

まとめますと、英語の音読の正しいやり方は、次のとおりです。

ステップ1:音読して、和訳する。
ステップ2:分からなかったところを調べる
ステップ3:もう一度音読する

この記事があなたの英会話スキルに役立ってくれれば、嬉しいです。

次の記事では、かならず失敗する音読のやりかたについて解説しています。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
コンテンツ